建設業許可要件CD(誠実性と欠格事由)

建設業許可を受けるには、必要とされる5大要件があります。

その要件の1つとして、これまでの行われてきた取引において誠実性を有しているが条件となます。

また、もう1つの要件として欠格事由に該当しないことが必要です。

部品集23.bmp

申請者が法人である場合においては、当該法人又はその役員若しくは一定の使用人【支配人及び

支店又は常時建設工事の請負契約を締結する営業所の代表者(支配人である者を除く。)をいう。

以下同じ。】が、申請者が個人である場合においては、その者又は一定の使用人が、請負契約に

関して不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でない場合に基準に適合しているものとして

取り扱います。

 

*【不正な行為】

「不正な行為」とは、請負契約の締結又は履行の際における詐欺、脅迫、横領等法律に違反する

行為をいいます。

 

*【不誠実な行為】

「不誠実な行為」とは、工事内容、工期、天災等不可抗力による損害の負担等について請負契約に

違反する行為をいいます。

 

部品集24.bmp

 許可を受けようとする者について、法人にあっては法人の役員、個人事業主にあっては

 その事業主本人または支配人等が下記のいずれかに該当する場合は許可を受けられません。

 

部品集25.bmp

 

→ 「自分で申請VS業者に依頼」はこちら

▲このページのトップに戻る