建設業許可の要件@(経営業務管理責任者)

建設業許可を受けるには、必要とされる5大要件があります。

その要件の1つとして、建設業許可を受けるには常勤の役員又は個人事業主である

経営業務の管理者を置いていなければなりません。

 

部品集9.bmp

経営業務の管理責任者とは、以下の者のことを指し、営業取引上、対外的に責任を有する

地位にあって、経営業務を総合的に管理する者のことをいいます。

 

 1.経営業務の管理責任者になるものの役職が以下に該当すること。

部品集10.bmp

 

 2.原則として、次の@Aに該当する者が経営業務の管理責任者になることが出来ます。

 (1)許可を受けようとする建設業に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての

      経験を有していること。

 

事例1:法人の場合…これから許可を取りたい建設業と同じ種類の建設業を行う法人で、

       取締役または執行役としての経験が5年以上ある。

事例2:個人の場合…これから許可を取りたい建設業に関し、個人事業主として

       5年以上、経営してきた。

 

  (2)許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上経営業務の

    管理責任者としての経験を有していること。

 

事例1:法人の場合…これから許可を取りたい建設業と違う種類の建設業を行う

                法人で、取締役または執行役としての経験が7年以上ある。

事例2:個人の場合…これから許可を取りたい建設業と違う種類の建設業に関し、

                個人事業主として7年以上、経営してきた

 

許可申請において、経営業務の管理者責任者として5年以上(または7年以上)従事してきた

   ことを証するために、法人の場合は登記事項証明書、個人事業主の場合は確定申告書などを

   提出することになります。

 

 →「建設業許可の要件A」はこちら

▲このページのトップに戻る